6月の花紀行

6月は梅雨の季節、遠出を計画しようにも雨が気になりためらってしまう。
まして登山ともなれば尚更のことだ。

しかし、この雨の時季に咲く花はたくさんある。中でも八ヶ岳のツクモグサと
北岳のキタダケソウは文字通り高嶺の花でなかなか出会えない花である。

6月中旬、是非ともツクモグサを見てみたいというお客さんの依頼を受けて
八ヶ岳へと出掛けた。

お天気の神様、どうか私たちに数日の晴れ間をください!!

横岳

切なる願いが通じたのか2日間とも青空で雨合羽とは無縁の登山となった。
遠路はるばる福岡からの旅人に神様が優しく微笑んでくれたのだ。

美濃戸から南沢をたどり行者小屋を経て文三郎尾根を登る。
ハンノキの瑞々しい若葉にミネザクラの白い花が眩しく映る。

シラビソの林を抜け、中岳分岐に立ち横岳と硫黄岳を望みひと休み。

イワヒゲ

稜線の清々しい風を背に「いざ、赤岳へ」 頂上直下の岩場に差し掛かると早速、
高山帯に咲く小さな花たちの出迎えを受けた。
イワヒゲ、クモマナズナ、コメバツガザクラなどが岩の僅かな隙間に咲いていた。

クモマナズナ

そこは標高が高く風や雨や雪の影響を最も強く受ける過酷な場所だ。
そこに生きる植物はどれも葉や花を小さくしてひそやかに咲いている。

野に咲く花はよく可憐と表現されるが高山帯に咲く花たちは健気と言えよう。
葉のサイズの割に花が大きく見えるイワウメの花の直径も約1センチである。

イワウメ

他にもツガザクラ、ミネズオウ、ウラシマツツジ、ミヤマタネツケバナが
岩肌や岩陰にしがみ付くように咲く姿が見られた。

これらの高山植物もまた花期が早く、6月から7月上旬だ。 夏山シーズンが
始まる頃にはその花の盛りは過ぎている。 その理由は何故か?

彼らの暮らす岩場や稜線は山で最も早く冬がやって来る場所である。
それゆえ、早く花を咲かせ受粉しなければ雪が降り始め実を結べないからだ。

イワヒバリ

行者小屋を見下ろすイワヒバリ君。 雌雄同色なのでオスかな、メスかな?
鳥にしては珍しくメスが求愛行動をするらしい。 「イケメンは居たかな?」

6月の平日しかも午後、さすがにこの時間の赤岳山頂は貸切状態だった。
何度この頂に立ったことだろうか。 十本の指ではおさまらない。

悲しいかな、慣れで登頂にそれほどの感動はないが、その時々に見せる
雲の動きや光の色はその都度違い自然の中に身を投じる喜びを禁じ得ない。

DSC01408.jpg

ツアーガイドの時はいつも「赤岳頂上山荘」に泊まっていたが個人ガイドでは
数年前から「赤岳展望荘」を利用するようになった。

赤岳山頂から少し下った標高2700mに建つ小屋だ。
稜線上にあり天水利用の小屋だが何と3~4人は入れる五右衛門風呂がある。

食事はビュッフェ方式で自分の食べられる分だけをセルフで取り、いただく。
したがって山小屋にとっては配膳の手間もなく、残飯も出ず合理的というか
とても理に適った手法である。

五衛門風呂

この時期の小屋はまだ宿泊者が少なく、食事もゆっくり寝床もゆったり取れて
五右衛門風呂にも一人のんびりと浸かることが出来た。

午後9時消灯、真夜中は満天の星空であった。
眼下には茅野の街灯りが深い闇に浮かんでいた。

翌日、小屋の廊下を騒がしく歩く足音で目が覚め、日の出の時を知らされる。
6月中旬の日の出時刻は4時30分前後、ダウンをはおり外に出る。

DSC01422.jpg

東の空は徐々に明るさを増し、遥か雲海の果てに薄らと秀麗富士の姿があった。

どんなに離れた場所からであっても、誰もが識別できる山、富士山。 
この山が見えるか見えないかで登山の高揚感がたちどころに違う不思議な山だ。

ふと西に目を向けると、そこにはまだ雪の残る北アルプスの山々が雲の中から
浮かび上がり城壁のように連なっていた。

乗鞍岳、穂高岳、槍ヶ岳、大天井岳、鹿島槍ヶ岳、白馬三山とはっきり見てとれた。
朝日を受けて僅かに赤味を帯び、それはそれは美しい光景であった。

雪の穂高

いつまでも見ていたい光景であったが、これは自然が造り出す一瞬の芸術。
時は刻々と過ぎ赤味は次第に消え失せ、モルゲンロートは終わった。

午前5時30分朝食。 6時20分、ツクモグサが待つ横岳へと向かう。

ツクモグサは日本固有種で学名にnipponicaの文字が入る。
本州では白馬岳と八ヶ岳だけに自生する岳人憧れの花である。

ツクモグサ

この花は八ヶ岳でも横岳の岩稜帯だけに分布している。
しかも、西斜面の人が近づけない急な岩場に多くある。

今年はどこの山でも花の開花が早いと聞いていた。
果して、出会うことが出来るだろうか。
岩陰にも目を凝らし、幾つかのツクモグサを見つけた。

ツクモ立ち姿

岩場にある僅かな草地からすくっと立ち、その花はあった。
白く細かい毛は寒さから身を守るためであろう。
薄いクリーム色の花はすこぶる気品に満ちていた。

朝はまだ早く開花している花をなかなか見つけられなかった。
ツクモグサは太陽の光が射さないと花(萼片)を開かないのだ。

この花の写真を撮りたかったら小屋で朝寝坊をむさぼった後がいいだろう。

チョウノスケソウ

この時季、八ヶ岳に登ると必ずお目にかかる花にチョウノスケソウがある。
いかにも人名らしい名前はツクモグサ同様、人の名前から付けられた。

楕円形の小さな葉に規則正しく並ぶ凹んだ葉脈が特徴だ。
まるで小判かわらじのような面白い形をしていてよく目立つ。
分類はバラ科の矮性低木、草のように見えるが草ではなく木である。

赤岳と阿弥陀

いつも花の写真ばかりが多くて山の写真が少ないとの指摘があるため今回は
山岳風景も少し載せてみた。

この写真は横岳から南の稜線を見たところ。左が主峰・赤岳で右が阿弥陀岳、
その間に中岳、そして小さく権現岳と編笠山が黒っぽく見える。
すなわち、南八ヶ岳の五つのピークが顔を揃える絶景ポイントである。

さらに、その奥には南アルプスの仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳の雄姿もある。
(デジカメでは南アルプスまで写し込まれていないのが残念)

キバナシャクナゲ

クサリとハシゴの連続する険しい横岳を抜け、なだらかな山容の硫黄岳へ向かう。
登山道脇にはキバナシャクナゲ、ウルップソウ、ハクサンイチゲも咲いていた。

稜線の景色は硫黄岳の爆裂火口を最後に、赤岩の頭から赤岳鉱泉へと下った。
梅雨の晴れ間をぬって沢山の花を見た充実の八ヶ岳登山、感謝、感謝であった。
スポンサーサイト

栗花落(ついり)の頃

季節は梅雨ですね。 梅雨入りのことを「栗花落」(ついり)とも言うそうです。
クリの花が散るころにちょうど梅雨に入るからだそうだ。

クリの花は近くに寄るとむせるような強烈な臭いがあるが、秋の実はとても美味しい。
和菓子にはなくてはならない素材だろう。  あっ、洋菓子「モンブラン」もあったか。

雄花は細く垂れ下がり一見、風媒花のようであるけれど、この強烈な臭いには
たくさんの虫たちがやって来る虫媒花だ。

さて、雨の頃に咲く花はたくさんあるもので、山では淡いピンクのササユリが咲く。
ふと思い立ち、愛知県新城市のササユリが咲く明神山に出かけた。

石門の明神山

三河の山には平山明神(970m)と三ツ瀬明神(1016m)の二つの明神山がある。
これは乳岩峡の大きな石門の下から見た三ツ瀬明神山です。

三遠南信自動車道の鳳来峡インターを下りると直ぐに乳岩峡への側道があり
僕の家から登山口までなんと、たったの1時間であった。

今日は明神山で見かけた季節の花を紹介します。

ササユリ

これは言わずと知れたササユリ。 山に自生するユリの中では比較的早く開花する。
日本特産種で学名にジャポニカの名が付く。

東日本にはもう少し花色の濃いヒメサユリがあり、このササユリは西日本を代表するユリだ。
大きな花を咲かせるヤマユリの豪華さはないけれど優しさを感じさせる花である。

そして、この明神山では6月に珍しい花を見ることができる。

カキノハグサ

これは「カキノハグサ」と言うヒメハギ科の植物だ。
名は葉が柿の葉に似ることからカキノハグサだが、花の造形が面白い。

花の拡大

花弁のように見える薄黄色のものは萼片で、5個あるうち両サイドの2個が立ち上がり
残りの3個が花を包んでいる。 う~ん、ちょっと難しい。

種子はアリによって運ばれるようで1株見つけるとその周りに数株を見ることができる。
東海から近畿地方でしか見られない植物だ。

梅雨の頃はなかなか出かける機会が少なく、あまり見ることのない花が多い。
これは薄暗い植林帯の林床にあった1センチほどの小さな花。 何かわかるかな?

ツルアリドウシ

これはツルアリドオシ(アカネ科)の蕾だ。 花は必ず2個仲良く並んで咲いている。 
が、しかし、成る果実は何故か1個だけ。
秋に熟した赤い果実をよく見ると、花の跡であった穴が2個残されているのがわかる。

もし、花を見る機会があったなら小さな花をよく見て欲しい。
雌しべが長く雄しべが短い花(長花柱花)と逆に雄しべが長く伸びて雌しべが殆ど
見あたらない花(短花柱花)の2種類があることを確認してみよう。
果実が1個になる謎が解けるかも知れない。

別種のアリドオシには鋭い刺があるけれど、この地を這うツルアリドオシに刺は無い
から安心して近づける。

そして、最後はこちら。 この花の形も蕾の形も面白い。

テイカカズラ

これはテイカカズラ(キョウチクトウ科)の花だ。 漢字は「定家葛」と書く。
カズラとはつる草を意味する。
四国の祖谷の「かずら橋」はかつてサルナシのつるで造られていた。

テイカとは歌人の藤原定家を指すが由来が長いので説明は割愛。 ごめん。
花は船のスクリューを思わせ、濃い緑の葉に白い花がよく映える。

地表を這っている時の葉はとても小さいが、ひとたび樹木に絡み登っていくと
別の種類かと見間違うほど葉は大きくなりたくさんの花を咲かせる。

ササユリの花

そうそう、ササユリもテイカカズラも芳香があるので森で花を見つけたら
是非、匂いを嗅いでみよう。
ユリの花粉は白い服に付着するとなかなか落ちないので注意しよう。
テイカカズラはキョウチクトウ科で毒性があるけれど口にしなければ大丈夫。

他にはカイナンサラサドウダン、ヤマグルマ、ガクウツギ、ガンピ、マルバウツギ、
タツナミソウ、アオチドリ、ヤマボウシなどが見られた。

乳岩登山口から山頂まではおよそ3時間。
途中、ロッククライミングで有名な鬼岩もありたくさんの巨石も見られた。
その岩肌には無数のイワタバコの瑞々しい若葉があった。

梅雨の合間、日焼けするほどの日差しの中で三河の山を1日楽しんだ。

早春の花

3月も半ばを過ぎると落ち着きがなくなる。
山ではそろそろ春を待ちわびた花たちが顔を出す頃。

3月15日、薄曇りの日であったがセツブンソウの群生地に出掛けた。
石灰岩の地に多く見られるセツブンソウ、ここも例外ではなかった。
セツブンソウ群生地
朝まだ早かったせいだろうか、どの花も首を垂れ起きたばかりといった感じだった。
キンポウゲ科の多くがそうであるように、このセツブンソウも
白い花弁のように見えるものは萼片である。
地上にやっと顔を出したばかりの蕾を見ると、花の付け根に付いた葉によって
大事に大事に包まれていた。
セツブンソウの花
セツブンソウの花弁は白い萼片の内側に見られる黄色の部分である。
よく見ると2裂して先端は丸く、密腺へと変化している。
白い萼片は和紙のようでとても繊細な感じを受ける。小さな花であるが
その白い萼片と黄色の花弁と雄しべの葯の紫色が絶妙なコントラストで
美しい花である。

ユキワリイチゲ群生地
続いてユキワリイチゲの群生地にも足を運んだ。
この花は西日本に分布する花で、東海地方に暮らす私達には見る機会が
少ない花だ。
この花もキンポウゲ科の植物で、花弁のように見えるのは萼片である。
ユキワリイチゲの花
前年の秋から葉を出し冬を越すために葉は少し痛んでいることが多いが
花は優しい色合いをしている。
太陽の陽が射さないと花は開かないが、蕾の時はバラのような趣があり
キクザキイチゲとはまた違う美しさが感じられる花である。

続いてはこの花、野の花ではないけれど春に咲く花である。
よく庭に植えられており身近であるが、ほとんどの人が知らない。
さて、何の花かわかるかな?
ハランの花
これはユリ科のハランの花です。料理の仕切りや下に敷かれる葉欄です。
関西のお寿司屋さんでは葉欄が使われるが江戸前では笹の葉が多いようです。

花茎が無く地上に咲くので大きな葉を避けて覗かないと見れない花ですね。
紫色の王冠をひっくり返したのような花にはダンゴムシやナメクジが 
訪れて花粉を媒介するそうです。

それでは皆さんに宿題です。
花が咲いたということは当然、実が成るということです。
是非、ハランの実を観察して下さい。





高嶺の花/キタダケソウ

期間限定の和菓子とか、ご当地だけのオリジナルスィーツとか
限定商品がもてはやされている時代ですが、
花にもこの山だけでしか見られないと言う特産種があります。

南アルプスの北岳に咲く「キタダケソウ」はその代表でしょう。
咲く時季が梅雨時で山には出掛けにくいことや、日本第2位の高峰で
まだ雪が多く残ることなど、なかなかお目にかかれない花のひとつです。

キタダケソウ1

数日前から天気予報の天気図とにらめっこをした後、2泊3日で
高嶺の花を見に行くことになりました。(2010年6月30日~7月2日)



長年使い込んで防水性の落ちたレインウェアも買い替え
予備の着替えも準備して、雨を覚悟の登山でした。

キタダケソウ2

例年より雪解けの遅れた北岳。大樺沢には長く雪渓が残り八本歯コルへの
ルートは通行止めで、やむなく草すべりを上がることになりました。

心配した天気は信じられないほどの快晴でした。
小太郎尾根の分岐まで来ると目の前に大きな山容の仙丈ヶ岳が現れ
足下には数えきらないほどの花たちが咲いていました。

キタダケソウ3

高山植物の女王と呼ばれるのがコマクサなら、このキタダケソウは高山植物の
貴公子と呼んでいいだろう。
世界中を探してもここ北岳だけにしか見られないのだから。

時間の許すかぎり、あれやこれやとアングルを変えカメラを向けるが
なかなか納得のいく写真は撮れなかった。

気品ある白い花弁は繊細で、時がすぐに初々しさを奪ってしまう。
花芯のしべもすぐに色あせ、葯はこぼれ落ちてしまう。

撮影をあきらめ、しばし傍らにたたずみ眺めることにした。
これほど優美な花がなぜ気象環境の厳しいこの斜面に咲くのだろう。
「気高き」はこう言うことなのだろうか。



美濃のミノコバイモ

今年の桜は随分と長く咲いてくれました。4月9日、岐阜の山間地ではまだまだ見頃が
続いていました。岐阜の南部地方、美濃には花の山がいくつかあります。

早春のミノコバイモ
この「ミノコバイモ」も岐阜の山で見つけました。ユリ科バイモ属で「美濃小貝母」と書きます。
ちなみに高山植物のクロユリもユリ科バイモ属です。
これは雪が融け、地上に顔を出したばかりといった感じですね。

フサザクラの花
こちらは谷筋などによく生えているフサザクラの花です。サクラと名がつきますがバラ科ではなく
フサザクラ科に分類されています。崩壊地へ真っ先に侵入するパイオニア植物です。
葉の展開前に開花しますが、花には花弁も萼片もなく、ただ雄しべが垂れ下がっているだけです。
花弁はなくても木の枝いっぱいに咲くとなかなか味があり、早春の山に色を添えてくれる木です。

ボタンネコノメソウ
足下には何種類かのネコノメソウが咲いていました。これはボタンネコノメソウです。
岐阜県以西の主に日本海側に見られます。
ユキノシタ科のネコノメソウ属は種類が多く判別に苦労しますね。
プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード