春の奥能登

各地で桜の開花宣言がされる3月下旬、春の花を求めて能登へ向かう。
オオミスミソウの群生地がある猿山岬を訪ねる旅だ。

渚ドライブウェイ

金沢からは無料通行となった「のと里山海道」に入り、今浜インターで下りて
「千里浜なぎさドライブウェイ」を走った。

この海岸の砂は一粒一粒が海水を含んで引き締まり、4WD車でなくても自転車から
大型バスまで砂に埋もれることなく走行することが出来る。

渚のカモメ

快晴の空にまっすぐ描かれた水平線、そしてどこまでも続く海岸線。
注がれる春の光は明るく、海の風は眠っていた肌に心地よい目覚めであった。

遥か沖を見つめるカモメさん、そのうしろ姿を見つめる僕。
あなたは何を思っているのでしょう。
(う~ん、しゃがみ込んで水平線を入れて写せばよかった。 まだまだ、写真は素人)

深三内部

2009年から始めた個人ガイド「自然塾」が能登に来るのは初めてで、見るべきところ
知るべき事は多く、その幾つかを盛り込んだ。

泊まる宿にもこだわりを持ち、今回はちょっと変わった民宿を選んだ。
建物は能登ヒバやスギを使い柿渋を下地に漆を拭いて造られた「拭き漆の宿」である。

深三廊下

たった4部屋だけの小さな民宿だが内部は小奇麗にされていた。
磨き上げられた廊下、落ち着きのある漆の色合い。
明るい照明を使わないことが木のぬくもりをより一層深めていた。

お風呂は輪島の温泉が引かれてあり、壁も天井も拭き漆であった。
さらに桶や腰掛に至るまで漆造り、これには感動しきり。

深三夕食

さてさて、楽しみな夕食は輪島港であがった新鮮なお刺身にメバルの塩焼き、
地元能登ならではの魚カナガシラ(カサゴ似)の揚げ物など魚がメインの料理。

観光旅館のような豪華さはないが輪島漆器に盛られた料理はどれも手が込んでおり
大変おいしく頂いた。

アワビや伊勢海老がなくても旅人は満足である。その土地ならではの食べ物を
味わうのが旅の楽しみなのだから。

深三朝食

こちらは朝食、寝ぼけ眼でまずは味噌汁を口にする。 「ん?」何か違う。
味噌汁の具は日本海だけに生えるカジメという海藻だった。
能登では必ず酒粕と合わせて味噌汁にするらしい。

この粕汁風のお味噌汁も艶のあるお米も大変おいしく頂いた。
毎朝このような食事であったらずっと健康でいられるに違いない。

普段使いの輪島漆器に地元産の食材を使った飾らぬ料理。
奥能登の素朴さか、一夜の宿に感服であった。

輪島朝市

健康は食べ物だけではない体も動かさなければいけない早速、朝市へと繰り出す。
全国的にも有名な輪島の朝市、朝8時から12時までたくさんの店が軒を並べる。

買った魚や貝をその場で焼いて食べられるコーナーもあった。
朝市の賑わいに浸りじっくり食したいところではあったが、まだまだ先がある旅の人。
「中浦屋」さんの「丸ゆべし」をお土産に次の目的地へと移動。

間垣

奥能登の海まで来ることは滅多にない。少し回り道だが能登を代表する風景のひとつ
間垣を見ようと「間垣の里」まで足を伸ばした。

細く険しい峠道を越えて海に出る。海岸沿いの民家は軒先より高い竹の垣根で
囲まれていた。 日本海から吹き付ける冬の強風から家を守るための竹垣だ。

長さ約3メートルもある細いニガタケという竹を並べて造るのだとか。
閑散とした小さな漁村であるが、この風景は海と相まって美しく感じられた。

オオミスミソウ

寄り道ばかりの旅は午前11時やっと目的地「雪割草の群生地・猿山岬」に到着。
海岸沿いの斜面につけられた遊歩道を周遊すると2時間ほどかかる。

雪割草の名は園芸店などの通称であり正式にはミスミソウやスハマソウである。
両者の違いは葉の形で、葉の先が尖っているものをミスミソウ(三角草)といい
葉の先が丸いものをスハマソウ(洲浜草)という。

白花

日本海側に分布するミスミソウは花も葉も大きくオオミスミソウと分類される。

個々の花は色も様々であり花弁の枚数も形も違い、雄しべの葯の色まで違う。
オオミスミソウは個性豊かでとても麗しき花なのだ。
それゆえ交配目的で盗掘され、山には白花だけが残される悲しい花でもある。

桃色花

これまで新潟の角田山や佐渡の山でオオミスミソウを見て来たが、これだけの群落に
出会ったことはなく「すごいね」、「すごいね」の連発だった。

ひとしきり花を愛でたあとは小高い丘となった休憩ポイントでお弁当タイム。
灌木の中で展望はないが春の暖かな日差しがあれば申し分なし。

たくさんの花に囲まれ朝市で買ったおにぎりを頬張る。 お米がおいしい!!
毎回、毎回、この「自然塾」はなんて面白い遊びをしているのだろうと、
ひとりベンチに座りほくそ笑む自分がいた。
スポンサーサイト

小春日和の旅 姫越山

師走ともなれば世間は何かと慌ただしい、されどひとり暮らしの僕は
何を準備するでもなく普段と変わらぬ毎日。

窓ぎわの日溜りでコタツに足を突っ込み山行計画やら調べものやら
i Pad Air とにらめっこ。

錦湾

これは三重県の南部、大紀町の錦湾。ブリの養殖で知られる小さな漁港だ。

熊野灘の沿岸はリアス式海岸で天然の良港が多くあり、小さな島々や岩礁が
美しい景色を造り出している。

先月は日本海の青葉山であったが、今月は太平洋に臨む姫越山に出掛けた。

ウバメガシ林

伊勢湾自動車道から紀勢自動車道を快適に飛ばし大紀町へ。
我が家からおよそ2時間、車を降りると直ぐに潮の香りがした。

姫越山(ひめごやま)へは津波避難所へ上がる階段が登山口となっていた。 
いきなり急登から始まる登山道、両サイドはウバメガシの林であった。

こうした暖かな沿岸地のやせ尾根にはウバメガシがよく見られる。
ウバメガシは「姥芽樫」と書く。 名前の由来は諸説あるようだが、 
芽出しの頃の若い葉が新鮮な緑ではなく茶色をしているからだとか。

ドングリ

行けども行けども見事なまでにウバメガシの純林が続き、登山道には
おびただしい数のどんぐりが落ちていた。

ウバメガシは刈り込みに強く生け垣としても使われるが、よく知られているのは
良質の炭「備長炭」になることだろう。

では、ここで備長炭にちなんだ鼻高々になる知識をふたつ。
備長炭の原木はウバメガシだけでなく少量だがアラカシなども使われるという。
そもそも備長炭とは和歌山の特有の窯で昔からの製法で生産されたものだけが
紀州備長炭と呼び原木が何であるかの規定はないそうだ。

そして、備長炭の名は紀州田辺の木炭商である中屋右衛門のに由来する。
なるほど、もともとは長右衛門さんが売っていた炭だったんだ。

アツミカンアオイ

今の季節、やせた尾根に花を見ることはほとんどない。
唯一見れたのはこの植物、アツミカンアオイ(厚身寒葵)だった。

カンアオイの葉はどれを見てもよく似ているがアツミカンアオイは
葉の葉脈に沿って凹むため直ぐにそれだとわかる。

カンアオイの花

カンアオイの花は独特である。 自身の葉に隠れ地面すれすれに花を咲かせる。
しかも目立たぬ色彩で息を潜めるように。 それにはどんな意図があるのだろう?

花粉の媒介は小さなキノコバエで、種子を運ぶのはアリだという。
アリの行動範囲は狭く種子が遠隔地に運ばれることはない。従って、カンアオイは
地域ごとに固有種が存在する。 前回の青葉山ではエチゼンカンアオイを見た。

姫越山

登山口からわずか2時間ほどで姫越山の山頂に着いた。 さほど広くない山頂
スペースであったが展望は抜群、海を見ながらお弁当タイムとした。

海辺の山は風があると寒いだろうとザックにはダウンを忍ばせてきたが
今日は出る幕無し。風はなくまさに小春日和、気持ちの良い登山となった。

芦浜と池

眼下に見える熊野灘、弧を描く海岸線が芦浜で緑に囲まれた池が芦浜池だ。
 
むかし、むかし、芦浜池は海とつながりひとつの湾であったが海流が運ぶ
砂によって砂洲が築かれ、やがて塞がってしまいできた海跡湖である。

姫越山の魅力は登山に加え、その先の芦浜と芦浜池まで巡るコースにある。
内陸部の山にはない海の展望が楽しめ、海岸線を歩く解放感も味わえる。
山頂ランチを終えるとさっそく海へと下った。

芦浜

姫越山から下ること1時間30分、意外と早く芦浜の海に出た。
人っ子ひとりいない静かな海岸が広がっていた。 

この浜に続く道路はなく、海から船で入るか僕たちのように徒歩で山を越えて
来なければならない。 それゆえ人影はなくプライベートビーチ的な浜である。

ここは中部電力が原子力発電所を計画して住民の反対により断念した場所だ。

芦浜から姫越山

白砂青松、日本の自然はこんなにも美しいではないか。
あのおぞましい原子力発電所なんていらない。 
放射能に汚染され、人が住めない場所があるなんてありえないだろ。
原発建設は天に唾吐く行為である。

絶えず聞こえる潮騒、波打ち際は砂浜ではなく小さな小さな砂利の海岸だった。
そのせいか寄せる波は小石を転がし波音が大きく感じられた。

登山靴で海岸を歩くのも不思議な感じであったが、何故か心浮き立つ自分が居た。
広い海に解き放たれた解放感か、面白い遊びをしている満足感か、何だろう。
振り向けば今、下って来た姫越山も微笑んでいるかのようであった。

ハマナツメ

この芦浜池で是非見たいものがあった。 それは希少種のハマナツメだった。
高さは3mほどの落葉低木で東海地方以西の沿岸地、湿地や海跡湖周辺に
見られる植物だ。 果実はコルク質で海流によって運ばれる。

それらしき木を探して芦浜池に近づくと池を囲むようにハマナツメがあった。
若い枝は稲妻型にジグザグと曲がり葉の付け根には鋭い刺を持っていた。

僅かに残っていた果実を見つけ手に取ると予想外に小さいものだった。
こんな小さな果実が黒潮に乗ってどこからこの地に着いたのだろう?

海跡湖

気の遠くなるような年月を経て砂洲は湖を造り、そこに安住の地を求めて
やって来たハマナツメ。 この大切な自然を壊してはならない。 

日本海側にも太平洋側にもまだまだ知らない面白い木々や草花がたくさんある。
季節を変えて来たらまた何か見られることだろう。 次回が楽しみな山となった。

三百名山 浅草岳~鬼が面コース

浅草岳

続きを読む

展望の燕岳

2014年、9月8日から1泊2日で燕岳に出掛けた。
中房温泉から合戦尾根を登ること4時間、人気の山小屋「燕山荘」に着いた。
期待していた稜線からの眺望はまるっと雲の中。 「何ってこった!!

夕食を済ませ「サンルーム」と呼ばれる喫茶室で寛いでいると、何やらまわりが
騒がしい。 ふと窓の外に目をやると満月があった。

中秋の月

いつの間にか上空の雲は消え、月が昇っていた。 午後7時40分撮影。
今宵は「中秋の名月」、標高2700mの稜線で眺める満月である。

煌々と注ぐ満月の明かりに照らし出された雲海は刻々と姿を変えていた。
我が身はたちまち神秘の世界に迷い落ちた。 雲海の下は安曇野の街。 
自然が創造する美は時として人を驚愕へと落とし入れる。

未明の槍ヶ岳

こちらは翌日の早朝、ようやく明るくなり始めた午前5時30分に撮影。
青白い綿のような雲海に浮かぶ槍ヶ岳。 槍の右肩に小槍の影も見て取れる。

静寂な朝に荘厳な景色。 「しかし・ ・ ・ やたらと寒い!!

穂高連峰から双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、ワリモ岳、水晶岳、野口五郎岳、
連綿と続く北アルプスの峰々、まさに壮大のひと言。

東雲色

上の写真から10分後、5時40分に撮影。 朝日が岩峰を東雲色に染めていく。
山が最も輝く時、雲海も息をひそめスポットライトが当たる峰々に主役を譲る。
たった10分でその景色は色合いも印象もすっかり変わってしまった。

槍の稜線は大喰岳、中岳、南岳、そして穂高岳へと続く。 槍の右後方は笠ヶ岳だ。
この景色があるから山は止められない。 晴れてこその景色、今回も幸運であった。

燕の猿

これは岩の上で朝日を浴びる燕岳の猿たち。 ひと群れ総出の日向ぼっこ。
雨に風に寒さに山の自然はそこに暮らす動物たちに過酷である。
今朝のような穏やかな日の朝日は貴重であり恵みなのだ。

山の景色を堪能しながら僕たちが燕山荘から北燕岳までを往復する約2時間の
あいだ猿たちはずっと岩の上に居た。
「ん?、野生の動物たちの日向ぼっこは背中を温めるのか」

めがね岩

燕岳は花崗岩の山、稜線には風化されずに残った奇岩、奇石が多く見られる。
「イルカ岩」や「めがね岩」は自然が造りだしたオブジェ。 燕岳は芸術の山である。

山頂からは餓鬼岳、唐沢岳、針ノ木岳、蓮華岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳の山並みを
手前に遠くは飯綱山、高妻山、妙高山、火打山、焼山の山影が、さらには剣岳、
立山、龍王岳までも眺めることが出来た。

山はすでに秋、花はオヤマリンドウ、ウメバチソウ、トウヤクリンドウぐらいと
寂しいものであったが、秋ならではの圧巻の景色に大満足の旅であった。

霧の飯綱山

当てにならないならない週間天気予報、ずっと晴れマークだったのに
いつの間にかずっと傘マークに変わってしまった。 「何?、これ!!

戸隠の「宿坊」に泊まり、飯綱山と黒姫山か戸隠山に行こうと思っていた。
しかし、天候には逆らえない・ ・ ・ ・けど、やっぱり出掛けてしまった。

飯綱山は長野市街地から一番近い山、2時間30分ほどで登頂できる。
言わば市民の山、今日一日は雨もなさそうだ。 今回は野の花を紹介しよう。

オヤマボクチ

白いクモ毛に包まれたこれはオヤマボクチ(キク科)のつぼみ。
漢字は「雄山火口」と書く。 大きな葉の裏には綿毛が密生している。

むかし、むかし、この葉の綿毛を集めて火打石で出した火花を移し取っていた。
それで、火口と言う。 他にも同じ使われ方をした植物にハバヤマボクチがある。

北信地方では本種の繊維をそばのつなぎに使う「富倉そば」が食べられている。
「自然塾」で飯山周辺に行かれた方は皆さん食べましたね。
とてもコシの強いそばでした。

エゾスズラン

樹林の陰でひっそりと咲くこれはエゾスズラン(ラン科)の花。
スズランの名からイメージするとあまりに地味な花で、花も萼もすべて緑色だ。
カキランの仲間であるから「ミドリラン」でもよかったと思う。

DSC00603.jpg

これはキイチゴの仲間でクロイチゴ(バラ科)の果実。
クロイチゴの果実は熟してくると赤から黒へと変わる。 そうしたら食べごろだ。

キイチゴでは他にエビガライチゴも美味しいイチゴだ。
南アルプスの畑薙第一ダムから椹島への林道脇にはたくさんのエビガライチゴが
あって以前、東海フォレストの運転手さんがバスを停めてくれたことがあった。

DSC00616.jpg

いつも山頂写真は撮らない僕が珍しく山頂で撮った。 しかもガス、ガスの中。
飯綱山は歴史があり「飯綱山」とも「飯縄山」とも表記され、古くから併用されている。

長野市民に親しまれている山だが標高は2000m近い、善光寺平にあって眺望が良く
晴れていたなら戸隠連山の彼方に白馬・五竜・鹿島槍が見えたはずである。
「う~ん、やけくその一枚か。」 「来年、麓にミズバショウが咲く頃にまた来よう。」

DSC00609.jpg

時々、花を真上からアップで撮ってみる。 見方を変えると面白い写真が撮れる。
これはマルバダケブキ(丸葉岳蕗)のつぼみ。 山にある蕗だから岳蕗となった。

こんなチョコレート菓子があってもいいだろう。
「中はマンゴー味? いや、意表を突いて栗餡ってのはどうかな。」

DSC00640.jpg

これは見ただけで名前の由来が連想できるシラヒゲソウ(ユキノシタ科)の花。
日本海側にはこれより少し大きいオオシラヒゲソウがある。

花弁のふちが糸状に深く切れ込むのは何か理由があるのだろうか?
ダイモンジソウにしてもユキノシタ科の花は造形的にとても面白い。

DSC00610.jpg

またまた花のアップ、これは秋の高原を代表するマツムシソウの花。
一番外側の花の花冠は5裂し、その外側の裂片3枚だけが大きく外へと広がる。

それにしても薄紫色の花はどうしてこんなにも美しいのだろう? 
葉の色、緑との対比なのか。 白い花にしても黄色い花にしても葉の緑によく映える。
花はそれぞれ自分を美しく見せる方法を熟知しているかのようだ。
プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード