スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 高瀬川

移りゆく季節、薫風が駆けた爽やかな5月もそろそろ終わりやがて雨の季節。
梅雨がやって来る前に若葉の時節を旅しようと友人とふたり京都へ出掛けた。

友人が自慢の折りたたみ自転車は車のカーゴスペースにすっぽりと収まった。
今回は自転車で京都の二条から伏見まで高瀬川の流れを巡る旅であった。

二条大橋

高瀬川は豊臣秀吉の認可を受けた豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)によって
開削された全長10キロの運河である。

その水運による物流は大正9年まで続いたというからおよそ300年の歴史がある。

午前9時30分、二条大橋から木屋町へと入る。 朝はまだ静かな木屋町通り、
一之船入の付近に係留された高瀬舟に柔らかな朝の光が注がれていた。

高瀬舟

繁華街の真ん中を流れる高瀬川、穏やかな水面は緑の影を浮かべつつ
キラキラと輝き流れていた。

都市に緑と水は不可欠である。 どれだけの癒しを生み出してくれることか。
水運の役目は終わっても高瀬川は今も人々に大切な癒しを運んでいた。

高瀬川

二条より鴨川の水を引き込み鴨川と平行して南下した高瀬川は十条でふたたび
鴨川に注ぐ。

五条通りまでの高瀬川はよく整備されており、僕たちは順調に川と並走するも
次第に住宅や高速道路に進路を阻まれ何度か流れを見失った。

松本酒造

かつて高瀬川は十条より鴨川を横切って対岸の東山区から伏見区を流れて
宇治川へと注いでいた。

しかし、昭和10年の鴨川大洪水の後に行った浚渫工事により鴨川の川底が
2mも低くなった。
そのため伏見へと流れていた高瀬川は取水できなくなり分断されてしまう。

鴨川からの水を失った旧高瀬川は写真の松本酒造の脇を流れる小さな
水路となっていた。 (新たに造られた東高瀬川も平行して流れている)

この東高瀬川の川幅は広く堤防上の道は視界が開け、郊外の風景を楽しみ
ながらペダルを漕ぐことができた。

伏見 十石船

いよいよ宇治川との合流地点、二条を出発してちょうど2時間の冒険だった。

そこは京橋と呼ばれる地で秀吉が伏見城を築城する際に建築資材を運ぶために
掘られた濠川(ほりかわ)や宇治川派流が交わる川湊であった。

これより高瀬舟の荷は三十石船に移され宇治川、淀川を経て大阪へと運ばれた。

寺田屋

宇治川派流沿いには伏見の観光名所、船宿「寺田屋」や月桂冠大倉記念館がある。

さすがに日本を代表する酒所、街に入り蔵元の脇を通ると何度も酒粕の香りがした。

キザクラカッパカントリーで昼食を済ませ次なる目的地、伏見稲荷大社へ向かった。

千本鳥居

外国人旅行者に今、最も人気のある伏見稲荷大社の千本鳥居だ。
修学旅行中の中学生も見掛けたが圧倒的に外国人旅行者が多い。

千本鳥居があるのは本殿の裏、稲荷神が降臨したのが稲荷山で
その山を巡拝するのが「お山巡り」である。

約1万基ともいわれる朱塗りの鳥居をくぐりつつ延々と続く階段を上がる。
山頂にある「上ノ社」へ参り一周してくると約4キロ、2時間ほどかかる。

京阪電車

精神力は未だ衰えることを知らないが、いかんせん体力はめっきり落ちた。
お山巡りに全精力を使い果たし帰路は電車を選択、最寄りの駅へと向った。

京阪電車「伏見稲荷」駅で自転車を携行袋に入れて「三条」駅へ移動。
若き日によく乗った京阪電車。 「何十年振りだろうか」

精も根も尽き果てたかのような顔をして優先席に座ると面白いものを見つけた。
座席の背もたれ部分にプリントされたデザイン・・・・・ 「ナイス、京阪電車」

優先席

この日の京都の最高気温は33度、湿度21パーセントの真夏日であった。
前日に暑くなることは知っていたので帰りに銭湯へ寄り汗を流すことにしていた。

京都で銭湯といえばここで決まり、北区紫野にある「船岡温泉」だ。
街の銭湯と侮るなかれ船岡温泉は文化庁指定、登録有形文化財の銭湯だ。

船岡温泉

巨石を組んだ石垣に唐破風の重厚な軒、入口の面構えからして違う。

銭湯であるがゆえ石鹸とシャンプーの備え付けは無いが入浴料は430円だ。
700円、800円するスーパー銭湯よりはるかに価値があるではないか。

入口に無造作に停められた自転車も庶民的な銭湯の風情でこれまたいい。

透かし彫り

中に入ってまず驚くのは脱衣所の内装である。格天井に鞍馬天狗の大きな彫刻、
洗面所は大正時代に流行ったという凹凸のあるマジョリカタイル。

男湯と女湯を仕切る壁の上には見事な透かし彫りの欄間が施されている。
上海事変をモチーフに彫られたとか、時代背景や当時の人々の関心が偲ばれる。

大正時代の料理旅館から始まり、時を経て風呂屋になった。
贅と粋を好んだ西陣という土地柄に生まれた銭湯であろう。

一日中ペダルを漕ぐ体力はなくなってきたけれど、歳を重ね情趣を解する力は
徐々に養われてきたのではないか。
老成なる言葉の意味を感じつつある今日この頃である。
スポンサーサイト
プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。