スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神々の遊ぶ庭/大雪山

今月は西日本や中部で梅雨明け前に集中的な豪雨があり、各地で山の斜面が
崩落するなど大きな被害がでました。
そんな雨を知らず私の7月上旬は2週にわたり北海道の山々を登っていました。
第1週は羅臼岳、斜里岳、雌阿寒岳で、いずれも曇りや雨で山頂からの景色は
何も望めませんでした。 (2010年7月8日~11日)

エゾコザクラと雪渓

続く大雪山は連日、好天に恵まれ多くの花を見ることが出来ました。 (2010年7月13日~16日)
旭岳温泉-旭岳-間宮岳-北鎮岳-雲ノ平-黒岳-層雲峡のルートには
エゾコザクラ(写真)、イワブクロ、メアカンキンバイ、エゾノツガザクラなど多くの花が見られ、
雲ノ平ではチシマツガザクラ(写真)の群落の中をキタキツネが駆けて行く姿も見られました。

チシマツガザクラ

翌日は銀泉台-赤岳-小泉岳-緑岳-大雪高原温泉のルートを歩きました。
そこにはエゾツツジ(写真)、コマクサ、キバナシオガマ、チシマキンレイカなどの花の他に
高山蝶のウスバキチョウ、アサヒヒョウモン、ダイセツタカネヒカゲの姿も見られました。

エゾツツジ

今回楽しみにしていたナキウサギには出会えませんでしたが、駒草平辺りで
ギンザンマシコを見かけました。
その鳥は数年前に見た時の記憶よりもずっと赤い色をしていました。

見渡す限りの草原を埋める色取り取りの高山植物。そこに舞う蝶や、憩う鳥たち。
そして、そこに注ぐ陽の光も漂う風もすべてがまばゆく、生き生きと感じられました。
「カムイミンタラ」大雪山はまさに神々の遊ぶ庭でした。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。