スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を食す

桜の開花が待たれる京都3月25日、所用があって京都へひとり出掛けた。
ほころび始めた桜に出会えるかもしれない。
ほのかな思いはむなしく風は冷たく、桜の開花はまだ早かった。

吉田山荘1

銀閣寺より西の方向に吉田山と呼ばれるこんもりとした丘がある。
その閑静な住宅地の中にひっそりと佇む建物がある。
表の唐門をくぐれば周りとは一線を画す由緒ある建物が現れる。

吉田山荘2
この建物は昭和天皇の義弟、東伏見宮の別邸として昭和7年に建てられたもので、
現在は料理旅館「吉田山荘」として使われている。

この日は離れて暮らす家族が疎遠にならぬよう絆を深めるため
ここに会食の席を設け、やって来たのだった。

裏菊紋

総桧造りで昭和初期の和と洋が調和し、落ち着いた雰囲気の建物だった。
屋根瓦にも和紙の懐石マットにも「裏菊紋」が記され風格を漂わせていた。
天皇家の十六菊を裏から見たもので中心に萼が付けられている。

のれそれ

ここで初めて「のれそれ」なるものを頂いた。
「のれそれ」とは穴子の稚魚だという。
透き通っていて、一見イカそうめんのようだが・・・酢の物だった。
柔らかいけれど適度に弾力があり、のど越しの食感を楽しむものか。
春からが旬だとか、高知で水揚げされ四国では一般的な酒の肴だそうだ。

料理も建物に恥じない美味しさで至福のひとときだった。
別棟の喫茶室にも寄ると、2階の窓には比叡山が正面にあった。

長い歴史と文化が凝縮された京都は何度訪れても新しい発見がある。
これほど美しく、かつ魅力あふれた都市は他に無いだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。