スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の風景 横尾山荘前

僕はツアーガイド中にデジカメで写真を撮りながら歩く。 主に花の写真を撮り
帰りのバスの中でモニターに写し、お客さんに説明するためだ。

もちろん花ばかりでなく山の景色もツアーの様子も撮るけれど、常にカメラを
持ち歩いていると時々、思いがけない写真が撮れることがある。

登山基地となる上高地には年に2~3回はやって来るが
なぜか横尾山荘前でたびたび印象に残る光景に出合う。

この写真も横尾を過ぎた辺り、歩きながら撮ったので少しボケているが
どこででも見かけられる何でもない登山道でのひとコマだ。
しかし、僕には妙に気になる光景だった。

ジャケットの少女

母は留守番なのだろうか、父と娘のふたり連れだった。
少女はしっかりとした登山靴に真新しいザックのフル装備。
そのジャケットや帽子はとても洒落ていた。

お父さんに寄り添い、時々何かを見つけては立ち止まり、
遅れるとまたすぐに走り寄って手をつなぎ歩いていた。

今年の夏、ザイテングラード(枝尾根)でおじいちゃんと孫のふたりが
落石によって遭難死する悲しい事故が起きた。
そのお孫さんもこうしてはしゃぎながらおじいちゃに連れられ
この道を穂高へと向っていたのだろうか。

父と娘のふたり連れ、少女の姿がとても気になり
心のシャッターが押させた一枚だった。

 父の横 右に左に 寄り添いて 少女何見る 梓の小径

ちなみに昨年、感性が撮らせた一枚の写真はこれ。
三俣山荘の中から槍ヶ岳を見たものだ。

三俣山荘

三俣山荘は二階に食堂がある。その大きな窓の正面に槍ヶ岳はあった。
威風堂々、そこが自分の庭であるかのように。

 珈琲の 香りの中に 槍ヶ岳 絵画見るかな 山荘の窓

旅のつれづれ、その時、その場所でしか味わえない感動やドラマが
いくつも転がっているものだ。

見過ごして通り過ぎてしまわぬよう、心にしっかりと受け留められる
器を用意しておこうと思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。