スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘湯の宿 「法師温泉」

2014年9月中旬、2泊3日で谷川岳に出掛けた。

新潟の秘湯「貝掛温泉」と群馬の秘湯「法師温泉」に泊まり、谷川連峰の最高峰
仙ノ倉山に登ろうという贅沢な山行であった。

谷川岳と聞けばすぐに一ノ倉沢を連想してしまい、危険な山をイメージしてしまうが
谷川岳(1963m)自体は土合口から天神平までは「谷川岳ロープウェイ」が架かり、
いとも簡単に登れてしまう。

DSC00814.jpg

谷川連峰の最高峰は仙ノ倉山(2026m)で、第二の高峰が平標山(1984m)である。
僕たちはその仙ノ倉山と平標山の二座を目指した。 (写真は平標山の家)

ここ3年ほど前から「自然塾」で行く山旅はよく秘湯の温泉を利用するようになった。

朝の法師温泉

年齢を重ねれば体力の低下は歪めず登山は年々きつくなる。 頑張ったご褒美に
温泉で体の疲れを癒し美味しい料理を頂く。 これは山旅ならではの醍醐味である。

汗を流すだけの日帰り入浴ではなく、充分に体を休めて心をほぐせる温泉宿がいい。
また、せっかく遠出をしたならばその土地の名物や郷土料理を食べずして帰って
しまっては惜しまれる。

法師温泉

ここは群馬の名湯・法師温泉「長寿館」、国登録有形文化財の宿である。
三国峠の谷間にあり本館は明治初期、別館は昭和15年築でまさに秘湯の宿。
かつて国鉄の「フルムーン」のキャンペーンに使われ広く知られるようになった。

長寿館の「法師乃湯」は何と湯船の底にある岩盤から湯が湧出していた。
数ある温泉の中でも適温の温泉が自然湧出しているところは二十数か所だとか。

4つある湯船には丸太が渡されており、これを枕にして湯に浸かる。
薄明りに照らされた木造の建屋に程よい湯加減、のんびりと湯になじむ時であった。
明治28年築の「法師乃湯」は当時そのままの姿を残しているに違いない。

法師乃湯

そして、下の写真は僕が最も気に入ったお風呂、宿泊者専用の「玉城乃湯」だ。
普通、浴室にはタイルが使われるが「玉城乃湯」は壁も床も木で造られていた。
湯船の底には玉砂利が敷かれ建屋の中にあっても自然観のある風呂だった。

大きな窓ガラスの向こうは滝があり日本庭園にも見えるが実は大きな露天風呂。
すべて岩で造られ滝は温泉の湯滝で、まわりはイロハカエデが植栽されていた。
今まで秘湯の宿にはいくつか泊まったがお風呂はここ法師温泉が一番であった。

玉城乃湯

最終日、伊香保へ立ち寄り榛名山にも登った。 もちろんロープウェイで
榛名山の標高は1390mであるがその美しい姿から榛名富士とも呼ばれる。

山頂駅周辺にはマツムシソウやワレモコウが咲き、遠く本物の富士山も見られた。
見上げた空は澄み、秋の雲が浮かんでいた。  「そろそろお昼、お腹がすいた」

伊香保の名物はこの白く光沢のある「水沢うどん」 もともとは「水澤観音」の参詣者
向けに出された手打ちうどんだったが現在は殆どの店が機械製麺になったとか。

水沢うどん

そこで僕たちは美味しいと評判の店を尋ね今も手打ちにこだわっている店へ入った。
その店は温かいうどんは提供せず冷たいざるうどんだけ、つけ汁もゴマだれのみと
自信満々の店であった。

注文してから暫く待たされて運ばれてきた麺は弾力があり、つるつるとした食感が
とても美味しかった。
うどんはそれほど好きではない僕が初めて美味しいと感じたうどんだった。

群馬県と新潟県の県境、谷川岳は少し遠かったけれど沢山のことを知り、充実した
2泊3日間であった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

法師温泉は、次回早速行ってみようと思いました。実は、家には昭和12年発行の温泉案内の本がありまして、それによると、海抜807米四面全く緑に囲まれ、夏時蚊を知らぬ仙境である。自炊制食事その他一切を含んで一日一円五十銭、浴槽が四つ清冽玉の如き湯が岩石の裂け目から沸々と湧き出ているとありました。本館の全景写真も出ていてブログの写真そっくりでした。ということは、明治28年以来変わってないということで、「法師乃湯」は当時そのままの姿という推測は事実であることが判明しました。この辺は富士山が見える北の限界でしょうか?それにしてもラッキーでしたね。今回は法師温泉の情報を有難うございました。大変役に立ちました。一の倉沢と聞くと田部井さんを思い出します。次回、田部井さんのことにふれたいと思います。
プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。