スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の動物たち

数日前まで鳴いていたツクツクボウシの声もいつの間にか聞かれなくなり木の葉が
色付き始めていた。 ススキの白い穂とハギの花が森を秋の装いへと変えていた。

2014年9月22、23日で八ヶ岳の夏沢峠にある「山びこ荘」へと出掛けた。
それは登山が目的ではなく、山の動物たちモモンガや冬眠前のヤマネに逢いに
行くためだった。

本沢温泉

八ヶ岳は南北におよそ30キロある山脈で、交通の便が良くいくつもの登山口がある。
最も一般的なのは八ヶ岳の西側、美濃戸口から主峰・赤岳を目指すコースだろう。

しかし、今回は八ヶ岳の森を歩き山の動物たちに逢いに行く旅で、八ヶ岳の東側
「稲子湯」から入山し静かな「しらびそ小屋」と「本沢温泉」を経由して峠へ向かった。

山びこ荘

八ヶ岳は夏沢峠を境にして北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けられる。
その標高2400mの峠に建つのが「山びこ荘」でモモンガやヤマネなどが見られる。

小屋の外壁と内壁のあいだに巣を造り暮らしており、小屋の外にエサ台が置かれ
ているため小屋に泊まれば容易に見ることが出来る。

夏沢峠は通過点、この小屋に泊まるお客さんは殆どがモモンガのファンばかり。

モモンガ

壁に設けられた本棚の上には小さな穴があり、そこから部屋の中にも動物たちが
やって来る。 本棚にはエサとなるヒマワリの種が置かれているためだ。

モモンガもヤマネも夜行性の動物、夕食を済ませると静かに主役の登場を待った。
カサッ、カサッ、 「来た!!」、 「モモンガだ!!」、 「静かに!!

モモンガは冬眠せず秋はコメツガやシラビソの球果を食べ、冬は針葉樹の冬芽を
食べて暮らすそうだ。 巣から起きるとまずヒマワリの種を食べ森へと出勤する。

ヤマネ

背中に黒い筋、これはヤマネ。 この小さな動物、なんと国の天然記念物である。
日本が大陸と陸続きであった頃に侵入してきたもの、日本人よりずっと前から
この日本列島に暮らし続けている貴重な動物である。

ぼちぼち冬眠の頃だが、小屋番の方が夕方から薪ストーブを焚いて下さり
その日は何度となく本棚にやって来た。 げっ歯目、ヤマネ科、ヤマネ属。

エサ台

こちらは早朝5時、森から帰ってきたモモンガだ。 毎朝5時には帰宅するそうな。
真ん丸い目と大きな尻尾がとても愛くるしい。 げっ歯目、リス科、モモンガ属。
完全な樹上生活でしかも夜行性だから滅多に見ることが出来ない動物である。

ウソのメス

外のエサ台には鳥たちも頻繁にやって来る。 これはアトリ科のウソのメス。
オスは喉元が赤い。 針葉樹の森でピュー、ピューと口笛を吹くように鳴く。

コガラ2

これはコガラ、カラ類では一番小さな鳥で黒いベレー帽に薄い蝶ネクタイが目印だ。
亜高山帯や針葉樹林で見かけることが多い鳥である。

硫黄岳山頂

翌朝は快晴、夏沢峠より1時間の距離にある硫黄岳(2760m)に上がった。
視界は360度、日本百名山を30座も数える大展望であった。

好天に恵まれ今年も山の動物たちに逢えて良かった。
花ありて山に憧れ、雪ありて山は美しく、君たちが居て山は楽しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

 ムササビ、モモンガはリスに似ていてやまねは鼠に似ていると思いました。やまねを広辞苑で引くと冬眠鼠とでていました。
 登山家の田部井さんは現在74才で、2年前から癌の治療をしていて、抗がん剤で足にしびれやむくみがあるにもかかわらず、先日
田部井さんが若者たちと富士登山をしているところのTV番組を見ました。高山病に苦しみながら登る若者を一歩一歩また一歩と激励しながら、「ゆっくりでも歩みを重ねることで頂上に立てる。それが自信につながる。この一歩が頂上へと続く。」と言っていた田部井さんの言葉に感銘を受けました。それは癌を乗り越えようと頑張っているご自身への励ましのようにも聞こえました。
プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。