スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の奥能登

各地で桜の開花宣言がされる3月下旬、春の花を求めて能登へ向かう。
オオミスミソウの群生地がある猿山岬を訪ねる旅だ。

渚ドライブウェイ

金沢からは無料通行となった「のと里山海道」に入り、今浜インターで下りて
「千里浜なぎさドライブウェイ」を走った。

この海岸の砂は一粒一粒が海水を含んで引き締まり、4WD車でなくても自転車から
大型バスまで砂に埋もれることなく走行することが出来る。

渚のカモメ

快晴の空にまっすぐ描かれた水平線、そしてどこまでも続く海岸線。
注がれる春の光は明るく、海の風は眠っていた肌に心地よい目覚めであった。

遥か沖を見つめるカモメさん、そのうしろ姿を見つめる僕。
あなたは何を思っているのでしょう。
(う~ん、しゃがみ込んで水平線を入れて写せばよかった。 まだまだ、写真は素人)

深三内部

2009年から始めた個人ガイド「自然塾」が能登に来るのは初めてで、見るべきところ
知るべき事は多く、その幾つかを盛り込んだ。

泊まる宿にもこだわりを持ち、今回はちょっと変わった民宿を選んだ。
建物は能登ヒバやスギを使い柿渋を下地に漆を拭いて造られた「拭き漆の宿」である。

深三廊下

たった4部屋だけの小さな民宿だが内部は小奇麗にされていた。
磨き上げられた廊下、落ち着きのある漆の色合い。
明るい照明を使わないことが木のぬくもりをより一層深めていた。

お風呂は輪島の温泉が引かれてあり、壁も天井も拭き漆であった。
さらに桶や腰掛に至るまで漆造り、これには感動しきり。

深三夕食

さてさて、楽しみな夕食は輪島港であがった新鮮なお刺身にメバルの塩焼き、
地元能登ならではの魚カナガシラ(カサゴ似)の揚げ物など魚がメインの料理。

観光旅館のような豪華さはないが輪島漆器に盛られた料理はどれも手が込んでおり
大変おいしく頂いた。

アワビや伊勢海老がなくても旅人は満足である。その土地ならではの食べ物を
味わうのが旅の楽しみなのだから。

深三朝食

こちらは朝食、寝ぼけ眼でまずは味噌汁を口にする。 「ん?」何か違う。
味噌汁の具は日本海だけに生えるカジメという海藻だった。
能登では必ず酒粕と合わせて味噌汁にするらしい。

この粕汁風のお味噌汁も艶のあるお米も大変おいしく頂いた。
毎朝このような食事であったらずっと健康でいられるに違いない。

普段使いの輪島漆器に地元産の食材を使った飾らぬ料理。
奥能登の素朴さか、一夜の宿に感服であった。

輪島朝市

健康は食べ物だけではない体も動かさなければいけない早速、朝市へと繰り出す。
全国的にも有名な輪島の朝市、朝8時から12時までたくさんの店が軒を並べる。

買った魚や貝をその場で焼いて食べられるコーナーもあった。
朝市の賑わいに浸りじっくり食したいところではあったが、まだまだ先がある旅の人。
「中浦屋」さんの「丸ゆべし」をお土産に次の目的地へと移動。

間垣

奥能登の海まで来ることは滅多にない。少し回り道だが能登を代表する風景のひとつ
間垣を見ようと「間垣の里」まで足を伸ばした。

細く険しい峠道を越えて海に出る。海岸沿いの民家は軒先より高い竹の垣根で
囲まれていた。 日本海から吹き付ける冬の強風から家を守るための竹垣だ。

長さ約3メートルもある細いニガタケという竹を並べて造るのだとか。
閑散とした小さな漁村であるが、この風景は海と相まって美しく感じられた。

オオミスミソウ

寄り道ばかりの旅は午前11時やっと目的地「雪割草の群生地・猿山岬」に到着。
海岸沿いの斜面につけられた遊歩道を周遊すると2時間ほどかかる。

雪割草の名は園芸店などの通称であり正式にはミスミソウやスハマソウである。
両者の違いは葉の形で、葉の先が尖っているものをミスミソウ(三角草)といい
葉の先が丸いものをスハマソウ(洲浜草)という。

白花

日本海側に分布するミスミソウは花も葉も大きくオオミスミソウと分類される。

個々の花は色も様々であり花弁の枚数も形も違い、雄しべの葯の色まで違う。
オオミスミソウは個性豊かでとても麗しき花なのだ。
それゆえ交配目的で盗掘され、山には白花だけが残される悲しい花でもある。

桃色花

これまで新潟の角田山や佐渡の山でオオミスミソウを見て来たが、これだけの群落に
出会ったことはなく「すごいね」、「すごいね」の連発だった。

ひとしきり花を愛でたあとは小高い丘となった休憩ポイントでお弁当タイム。
灌木の中で展望はないが春の暖かな日差しがあれば申し分なし。

たくさんの花に囲まれ朝市で買ったおにぎりを頬張る。 お米がおいしい!!
毎回、毎回、この「自然塾」はなんて面白い遊びをしているのだろうと、
ひとりベンチに座りほくそ笑む自分がいた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

良いですね〜!

新潟の山々で見たことはありますが能登に群生地があるんですね!3月に訪れた時は探してみます。しかし…新鮮な刺身が美味しそう‼︎

No title

食べ物おいしそうですね!
拭き漆、間垣は未知でした。
自分は富山の高岡に4日ほど行ってきました。
高岡中心部の古城公園の桜がちょうど満開でした。

北陸の海、素晴らしいです。そして、気になる宿ですね。
春を味わい、感じて、素敵な旅でしたね。山のトップシーズンへ向かう感じです。

春の奥能登

 千里浜ドライブウエイはやはり一方通行ですかね。快晴でよかったです。 カモメさん、足のポーズはバッチリですがもう少し右か左に首をかしげてくれたらよかったのに。 拭き漆の宿は調度品にも美的センスがうかがわれます。食事の器にも神経をつかっているようです。朝食の焼き魚を盛った白いうつわは面白いと思いました。
小皿に蓮根が見えますが、ゴマ油で炒めて甘辛に味付けするとおいしいです。皆さん、やってみてください。酒粕は確かに体にいいそうです。子供の頃サカガスと覚えましたが、全国的にはサケカス
というようです。
 間垣は、一番能登らしさが旅の心に残る風景です。三角草は形も色も愛らしい花ですね。群生している様はさぞ見事でしょうね。
 自然塾では、ローカルな和菓子がしょっちゅうでてくるのが楽しみです。
プロフィール

杉浦直樹

Author:杉浦直樹
『自然塾』塾長の杉浦直樹です。
日本自然保護協会
自然観察指導員

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。